協定学会会員の講演申込、大会参加の取り扱い

次の学会の会員は本会会員と同等に扱う。ただし、これは各協定国在住の研究者の便宜を図るためであり、継続的に日本国内に在住して研究活動を行うものは日本物理学会会員として登壇することが協定の趣旨上望ましい。

  • アメリカ物理学会(The American Physical Society)
  • オーストラリア物理学会(Australian Institute of Physics)
  • ヨーロッパ物理学会(European Physical Society)
  • ドイツ物理学会(Deutsche Physikalische Gesellschaft)
  • イギリス物理学会(The Institute of Physics)
  • 韓国物理学会(Korean Physical Society)
  • メキシコ物理学会(Mexican Physical Society)
  • ポーランド物理学会(The Polish Physical Society)

領域12(生物物理)及び領域13(物理教育)に関わる分野を共催する日本生物物理学会及び日本物理教育学会の会員も、当該領域への申込に限り、本会会員と同等に扱う。