JPSJ

Journal of Physical Society of Japan (JPSJ)は、日本物理学会が刊行する月刊誌で、創刊以来、レベルの高い論文を出版してきました。各号は、Full Papers, Letters等のオリジナル論文から構成され、随時、Invited Review Papers, Special Topicsを掲載しています。最新の論文は、オンライン公開後、約1か月間無料でご覧いただけます。[> JPSJホームページ]

注目論文 (Papers of Editors' Choice)

  • 毎月の編集委員会では、注目論文(Papers of Editors' Choice)を選んでいます。その日本語による紹介文を日本物理学会誌とJPSJ注目論文に掲載しています。注目論文はオンライン公開後1年間無料で閲覧できます。関連した話題についての解説がJPSJホームページの「News and Comments」覧に掲載される場合もあります。

最新のJPSJ注目論文

励起で探る量子ホール効果のエッジ状態

本論文では、2次元電子系基板表面に配置したコプレーナ型導波路を用いたマイクロ波透過率の測定およびマイクロ波加熱による熱起電力の測定が行われ、整数量子ホール効果のエッジ状態に励起されるエッジ・マグネトプラズモンの観測がなされている。エッジはゲート電極により静電的に導入され、観測された励起周波数のゲートバイアス依存性は、エッジの位置およびエッジ状態内の電子濃度分布の変化に対応するものであることが明らかにされている。

詳しい説明はこちらから
原論文は以下からご覧いただけます。
Frequencies of the Edge-Magnetoplasmon Excitations in Gated Quantum Hall Edges
Akira Endo, Keita Koike, Shingo Katsumoto, and Yasuhiro Iye, J. Phys. Soc. Jpn. 87, 064709 (2018).


有機超伝導体の隣接絶縁相のゼロ磁場下磁気構造と特異なスピンフロップ現象

ここ20年あまりの期間で最も研究された有機伝導体であるκ型BEDT-TTF塩の磁性相のゼロ磁場下磁気構造を明らかにした。また、すでに知られていた磁化のとびが、磁化容易軸による古典的なスピンフロップ現象ではなく、Dzyaloshinskii-Moriya相互作用によって誘起されたキャントモーメントの反転現象であることを明らかにした。

詳しい説明はこちらから

原論文は以下からご覧になれます

Zero-Field Spin Structure and Spin Reorientations in Layered Organic Antiferromagnet, κ-(BEDT-TTF)2Cu[N(CN)2]Cl, with Dzyaloshinskii-Moriya Interaction
Rui Ishikawa, Hitoshi Tsunakawa, Kohsuke Oinuma, Shinji Michimura, Hiromi Taniguchi, Kazuhiko Satoh, Yasuyuki Ishii, and Hiroyuki Okamoto: J. Phys. Soc. Jpn. 87, 064701 (2018)

Archive