JPSJ注目論文

JPSJ 2013年11月号の注目論文

原子の非調和振動により強められる超伝導

 本研究は,β型パイロクロア酸化物超伝導体の高圧下・磁場中比熱測定により,格子振動の非調和性が超伝導転移温度に与える効果を調べた.その結果,圧力を加えることにより超伝導発現に重要な電子-格子相互作用が増強する一方で,フォノン周波数は減少することを突き止めた.このことから,一見系統性のないこの系の超伝導圧力相図が,これら非調和性に由来する二つの効果が競合した結果として統一的に理解できることを明らかにした.

詳しい説明はこちらから

原論文は以下よりご覧いただけます
Understanding of the Temperature–Pressure Phase Diagram of β-Pyrochlore Oxides: A Role of Anhamonicity on Superconductivity
Takayuki Isono, Daisuke Iguchi, Takeshi Matsubara, Yo Machida, Bernard Salce, Jacques Flouquet, Hiroki Ogusu, Jun-ichi Yamaura, Zenji Hiroi, and Koichi Izawa: J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 114708