お知らせ一覧

宇宙X線観測衛星「ひとみ」(ASTRO-H) が打ち上げられました。

2016年2月17日の日本時間17:45,日本の宇宙X線衛星として6機目になる,JAXA(宇宙航空研究開発機構)の ASTRO-H 衛星 が,HIIAロケット30号機で打ち上げられました。同衛星は,JAXA宇宙科学研究所の高橋忠幸教授をリーダーに,30を越す国内の大学・研究機関や,多数の国内企業,また8ヶ国の国際協力を得て,10年近い年月をかけ開発されたもので,無事に軌道に乗ったのち「ひとみ」と命名されました。これは同衛星が,熱い宇宙を見る瞳であることに加え,ひとみは画竜点睛の故事に言う「睛」でもあり,同衛星が宇宙を知る核心になって欲しいとの意味からです。

「ひとみ」は2種類のX線望遠鏡と4種類のX線・軟ガンマ線検出器を搭載し,それらの協力で 0.3〜600 keVという広いエネルギー帯域を同時にカバーします。中でも軟X線分光検出器は,極低温を用いて従来より1桁以上も高いエネルギー分解能を実現する画期的な装置です。今後「ひとみ」は先代の「すざく」の後を継いで,銀河団,様々なブラックホール,超新星残骸,各種の中性子星,白色わい星,フレア星,銀河中心などを,おもに国際公募により観測する予定です。

理化学研究所グローバル研究クラスタ 牧島一夫