社団法人 日本物理学会2004年度公開講座
ニュートリノ 〜 この未知なるものとそれをとりまくもの〜


期  日: 2004年11月6日(土) 13:00〜16:45
会  場:中央大学理工学部5号館5533号室(東京都文京区春日1-13-27)
交  通:春日駅(都営地下鉄大江戸線・三田線)徒歩5分
後楽園駅(東京メトロ丸ノ内線・南北線) 徒歩5分
対  象:高校生/大学生/中学・高校の理科の先生/そのほか一般社会人
参 加 費:無料
定 員:200名(申込先着順)
プログラム:
○ 地球を使ってはかる小さなニュートリノの質量
梶田 隆章 (東京大学宇宙線研究所)
○ カムランド実験がときあかす太陽ニュートリノ問題
井上邦雄 (東北大学大学院理学研究科附属ニュートリノ科学研究センター)
○ 素粒子の統一理論:ニュートリノからのメッセージ
坂東昌子 (愛知大学法学部)
* 講演の合間に30分ほどのデモンストレーションを行う予定です。
開催目的: 近年、青少年の理科離れが問題となっていますが、その一因として最先端の科学についての適切な情報公開が行われていない、ということがあげられています。また、各種国際調査でも、日本人成人の科学リテラシーの低さが問題となっています。この様な状況に鑑み、日本物理学会では毎年、最先端の科学の成果を高校生および市民に解りやすく、研究に携わっている研究者自身の言葉で語るという試みの一貫として公開講座を企画してきました。今回はニュートリノを取り上げました。この分野はマスコミ等で報道されましたように、日本の実験が世界をリードしており、小柴教授の授賞に続くノーベル賞の授賞も期待されている分野であります。高校生および市民向けの公開講座の内容としてはまさに時宜に適ったものであると信じます。
申込方法 : [注意:受付開始は9月13日(月)10時以降です]
電子メールまたはファックスで氏名、年齢、学校名・学年または職業、連絡先電話番号(またはファックス番号)の他、聴講券を郵送しますので自宅郵便番号、自宅住所、自宅電話番号、および本公開講座を何で知ったかを明記のうえ、下記申込先までお申し込み下さい。
申込・問合せ先: 日本物理学会事務局 公開講座係
105-0004 東京都港区新橋5-34-3 栄進開発ビル5F
FAX 03-3432-0997  TEL 03-3434-2671  電子メール kouza@jps.or.jp
主 催 :社団法人 日本物理学会
世話人 :梶田隆章(東大宇宙線研)、田口善弘(中央大理工)、新田英雄(東学大)、渡邊靖志(東工大理工) (以上50音順)
後援(予定): 東京都教育委員会、神奈川県教育委員会、埼玉県教育委員会、千葉県教育委員会

(平成16年度文部科学省科学研究費補助金「研究成果公開促進費」補助事業)