• HOME
  • 学会活動
  • IUPAP
  • 国際純粋・応用物理学連合100周年記念オンライン講演会

IUPAP

国際純粋・応用物理学連合100周年記念オンライン講演会

国際純粋・応用物理学連合100周年記念オンライン講演会

「日本の物理学研究-過去・現在・未来」
(学術会議 公開シンポジウム)

主催:日本学術会議IUPAP分科会、日本物理学会

趣旨:

国際純粋・応用物理学連合(IUPAP)は今年100周年を迎えます。日本はIUPAPの創立時からのメンバー国であり、IUPAP100年の歴史は、日本の物理学研究の黎明期から現在までの歴史に重なります。この機会に、日本の物理学研究がどう始まってどう発展してきたのか、これからどう発展するのか、について4人の講師の方に分かりやすくお話しいただきます。その後、中堅・若手の研究者を交えて、将来の展望を語り高校生へのメッセージを伝えるためのパネル討論を行います。

日 時:2022年10月1日(土) 13:00~16:30
会 場:オンライン開催(Zoomウェビナー)
対 象:高校生を中心とする一般の方
参加費:無料(要事前申込。)
定 員:1000名(申込先着順)

IUPAPmoushikomi.png

プログラム 

13:00-13:05
Zoomの操作方法説明
13:05-13:10 開会のあいさつ 田島 節子
(日本物理学会 会長)
13:10-13:15 趣旨説明 藤澤 彰英
(九州大学応用力学研究所教授)
13:15-13:45 「日本の物理学はいかに生まれて発展したか:窮理学から湯川へ」 早川 尚男
(京都大学基礎物理学研究所教授)
13:45-14:15 「物理学と加速器 ―日本におけるその歴史―」 菊谷 英司
(高エネルギー加速器研究機構協力研究員)
14:15-14:30        休 憩
14:30-15:00 「物質を解明して役立てる物理学 ―日本人研究者たちの寄与―」 長谷川 修司
(東京大学理学系研究科教授)
15:00-15:30 「量子力学から量子コンピューターまで」 村尾 美緒
(東京大学理学系研究科教授)
15:30-16:25 パネル討論
「物理研究の未来と夢」
パネラー:
橋本 幸士
(京都大学大学院理学研究科教授・司会)
関口 仁子
(東京工業大学理学院教授)
村上 修一
(東京工業大学理学院教授)
柳澤 実穂
(東京大学総合文化研究科准教授)
渡邉 悠樹(東京大学工学系研究科准教授)
16:25-16:30 閉会挨拶 田村 裕和
(東北大学理学研究科教授)

申込方法

「参加申し込みはこちら」より専用フォームでお申し込みください。

IUPAPmoushikomi.png

問い合わせ先 日本物理学会事務局 IUPAP講演会担当
電子メール:kouza-at-jps.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい。)
電話:03-3816-6201 FAX:03-3816-6208