• HOME
  • 学会活動
  • 2021年秋季大会の開催方針について(新型コロナウイルス(COVID-19)関係)

2021年秋季大会の開催方針について

最終更新日:2021年6月17日

[2021年秋季大会ページ]

お知らせ

日本物理学会2021年秋季大会は、 素核宇分野、物性分野ともにすべてのセッションをオンライン方式で開催することが決定いたしました。
新しい情報は、随時このページに掲載いたします。なお、本件について電話での質問は受け付けておりませんのでご了承ください。

2021年秋季大会に関するお問い合わせ先 : meeting-info@jps.or.jp

2021.06.17(2021年秋季大会の事前参加登録について)
以下のとおり、事前参加登録を受け付けます。
事前参加登録:2021年6月24日(木)~2021年8月5日(木)
お支払い方法:銀行振込、コンビニ、クレジットカード
※今大会では参加登録者全員に概要集Webアクセス権を付与いたします。
※聴講のみの学生会員は、特別に参加登録費を「無料」といたします。
参加登録費・講演概要集頒価についてはこちら
2021.05.31(2021年秋季大会 ポスター発表について)
ポスター発表では事前にPDFデータをオンライン大会ページ内より投稿いただきます。
具体的な投稿期間や投稿方法は追ってお知らせいたしますが、以下を想定しております。
・データ投稿期間:8月下旬~9月上旬
・ファイル形式:PDFファイル(5.0MBまで)
※ポスターは物性大会期間(9/20~9/23)掲載されます。
※質疑応答はコメント機能の他、コアタイムを設けZoom等でのリアルタイムでの対応も可能となる予定です。
※ポスター形式は複数ページに渡るものでも構いません。
2021.05.17(素核宇大会の開催方法の変更について)
神戸大学で開催予定だった2021年秋季大会(素核宇:9/14-9/17)については、講演申込時点で兵庫県に緊急事態宣言が発令されていることや、9月までに感染リスクが全国で低くなっている状況を予想できないことから、現地開催は断念しすべてのセッションをオンライン方式で開催することが決定いたしました。
現地開催を目指して準備をしてくださった神戸大学の実行委員のみなさまには深く感謝し、今回の判断へのご理解にお礼申し上げます。
2021.04.12(物性大会の開催方法変更について)
東京工業大学で開催予定の2021年秋季大会(物性:9/20-9/23)については、新型コロナウイルス感染症に対する開催会場の対応方針と感染症の拡大状況、また例年の物性大会への参加人数などから現地開催は困難と判断し、オンライン方式での開催が決定いたしました。
2021.04.12(素核宇大会の開催方法について)
神戸大学で開催予定の2021年秋季大会(素核宇:9/14-9/17)については、現時点では現地開催を予定しております。
ただし、1~3日目を現地セッション(一般講演、招待・企画・チュートリアル講演)、4日目をオンラインセッション(一般シンポジウム、共催シンポジウム)とする予定です。
(※現地セッションも、オンラインでの配信をできるよう検討しております)
2021.04.12(インフォーマルミーティング申込み期間の変更について)
2021年秋季大会のインフォーマルミーティング申込み期間を、以下のとおり変更いたします。
変更後:2021年5月18日(火)~ 6月22日(火)
※なお、素核宇、物性ともにインフォーマルミーティングはすべてオンラインでの開催となります。現地会場での会合はできません。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)(厚生労働省)