• HOME
  • 学会活動
  • 共催シンポジウム
  • 2019年 年次大会 共催シンポジウム プログラム

共催シンポジウム

2019年 年次大会 共催シンポジウム プログラム

トポロジカル材料科学と革新的機能創出

14日 K308会場 14aK308 9:00〜12:25 Googleカレンダーに追加
領域4,領域3
(共催:科学技術振興機構さきがけ「トポロジカル材料科学と革新的機能創出」)

1. はじめに 東工大理 村上修一
2. トポロジカル半金属薄膜における量子化表面伝導 東大工 打田正輝
3. 高分解能ARPESによる新規トポロジカル材料開拓 東北大院理 中山耕輔
4. 高分子トポロジー変換を利用した環状トポロジーの構築 東工大物質 青木大輔
5. 液晶のトポロジカル欠陥乱流:非平衡統計力学として、材料科学として 東大理 竹内一将
休憩(10:30〜10:45)
6. 対称性によって保護されたトポロジカル相と一般ホモロジー 京大基研 塩崎謙
7. 対称性の表現に基づくトポロジカル材料の探索 東大物工 渡邉悠樹
8. 1次元ジグザグ鎖における光トポロジカルエッジ状態 東工大理 森竹勇斗
9. 強磁性ヘテロ接合におけるスキルミオンの電流・電圧制御 物材機構 葛西伸哉
10. スキルミオンストリングを使った情報伝送 理研CEMS 関真一郎



いよいよ始まる CTA 実験 - 高エネルギー宇宙物理学新時代の幕開け - Frontier of High Energy Astrophysics with The Cherenkov Telescope Array

14日 K407会場 14pK407 13:30〜16:50 Googleカレンダーに追加
宇宙線・宇宙物理領域
(共催:CTA Japanコンソーシアム) 

1. はじめに 大阪市大理・物理
常定芳基
2. Overview of the CTA Project Max-Planck-Inst.
for Nucl. Phys.
Hofmann Werner
3. Construction and Commissioning of the First Large Size Telescope ICRR, U-Tokyo
Mazin Daniel
休憩(14:35〜14:50)
4. Study of Cosmic Ray Origin and Transient Sources RIKEN
Susumu Inoue
5. Study of Black Holes and Multi-Messenger Astronomy with CTA Yukawa-Inst., Kyoto-U
Kunihito Ioka
6. Search for Dark Matter with CTA KEK
Kazunori Kohri
7. All-Sky Observatory CTA ICRR, U-Tokyo
Masahiro Teshima



J-PARC物質生命科学実験施設の10年-成果と将来-

14日 K306会場 14pK306 13:30〜17:10 Googleカレンダーに追加
領域10,素粒子実験領域,領域1,領域3,領域8,領域12
(共催:J-PARC物質生命ディビジョン) 

1. はじめに J-PARC MLF
金谷利治
2. J-PARC物質生命科学実験施設 overview J-PARC MLF
金谷利治
3. J-PARC MLFにおけるトポロジカル磁気秩序の研究 理研 CEMS
中島多朗
4. 中性子科学が照らし出す新規キラル材料創出の最前線 京都大学大学院
工学研究科

長田裕也
5. 中性子光学と基礎物理、その将来 KEK物構研中性子
三島賢二
休憩 (15:25〜15:40)
6. MLFミュオンでプローブする高温超伝導体のスピンゆらぎ 上智大学理工
足立匡
7. J-PARC MLFにおける大強度負ミュオンビームを活用した研究 豊田中央研究所
梅垣いづみ
8. MLFで展開するミュオンを用いた基礎物理の現在と未来

KEK物構研ミュオン
河村成肇

9. 第2ターゲットステーションの技術的検討の現状 原子力機構
J-PARCセンター

原田正英



ニュートリノで拓く素粒子と宇宙

15日 K305会場 15pK305 13:30〜17:15Googleカレンダーに追加

素粒子実験領域,素粒子論領域,実験核物理領域,宇宙線・宇宙物理領域
(共催:新学術研究「ニュートリノで拓く素粒子と宇宙」)

1. 趣旨説明 京大理 中家剛
2. 我々の祖先はニュートリノ振動現象か(!?) 高エ研素核研 北野龍一郎
3.スーパーカミオカンデにおける自然ニュートリノ観測と陽子崩壊探索の現状とハイパーカミオカンデに向けた今後の展開 東理大理工 石塚正基
4. J-PARCニュートリノビームでせまるニュートリノ振動の最新結果と展望 高エ研素核研 中平武
休憩(15:10〜15:25)
5. アイスキューブ・ジェンツ-(IceCube-Gen2)で視る宇宙ニュートリノ 千葉大理 石原安野
6. ニュートリノ質量和測定・TeV を超える物理の探索を実現する次世代CMB観測 東大理 日下暁人
7. ニュートリノはマヨラナか? キセノンガス検出器による観測に向けて 神戸大理 中村輝石
8. ニュートリノ研究をささえる原子核乾板の大規模展開 名大IMaSS 佐藤修



ウラン系超伝導における対称性の破れとトポロジー

16日 S304会場 16pS304 13:30〜17:10 Googleカレンダーに追加
領域8
(共催:科研費基盤研究S「ウラン系重い電子物質の超伝導解明と新奇超伝導状態の探索」) 

1. はじめに 東北大金研
青木大
2. 強磁性/隠れた秩序と共存する超伝導:URhGe/URu2Si2 原子力機構先端研
徳永陽
3. U1-xThxBe13の超伝導多重相における対称性と磁気応答 東北大金研
大洗センター

清水悠晴
4. UPt3/UBe13における特異な超伝導相図とスピン三重項超伝導 神戸大理
藤秀樹
5. 超伝導ウラン化合物のバンド構造とフェルミ面 原子力機構
物質科学研究センター

藤森伸一
休憩 (15:25〜15:40)
6. トポロジカルに保護された超伝導ギャップノード 名大工
小林伸吾
7. 重い電子系における非共型トポロジカル超伝導 京大理(理論)
柳瀬陽一
8. 超伝導体U1-xThxBe13における対称性の破れとトポロジー 阪大基礎工
水島健
9. おわりに 京大理(実験)
石田憲二



Robust and controllable topological states toward future topological quantum computation

16日 K308会場 16pK308 13:30〜17:00 Googleカレンダーに追加
領域4,領域6
(共催:科研費基盤研究A「半導体ナノ構造における人工トポロジカル相の創成」 ) 

1. Introduction Univ. Tokyo, Dept. Appl. Phys.
Seigo Tarucha
2. Helical order in one-dimensional conductors as a synthetic spin-orbit interaction Riken CEMS
Stano Peter
3. Majorana fermions based on synthetic spin-orbit interaction ENS LPA
Kontos Takis
4. Measuring fractional AC Josephson effect Riken ADL
Deacon Russell
Break(15:10〜15:30)
5. Parafermions in 1D and 2D systems Univ. Basel, Dept. Phys.
Klinovaja Jelena
6. Induced superconductivity in double InAs nanowires Univ. Tokyo, Dept. Appl. Phys.
Sadashige Matsuo
7. Odd-frequency pairings in topological superconductors Nagoya Univ., Dept. Appl. Phys.
Yukio Tanaka




※ Google Calendar及びロゴはGoogle LLC の商標または登録商標です。