• HOME
  • お知らせ一覧
  • 声明「ヘリウムリサイクル社会を目指して」発表記者会見を行いました

お知らせ一覧

声明「ヘリウムリサイクル社会を目指して」発表記者会見を行いました

公開日:2019年12月20日

20191220kaiken1.png20191220kaiken2-2.png

 ヘリウム(He)は、2番目に軽い元素で、4K(-269℃)で液体になる、非常に安定で他と反応しない、という特性をもっています。低温実験や超伝導磁石を用いた高磁場測定・化学分析などに使われる、基礎研究には必須のガスです。また、化学反応を全く起こさない安定性、かつ高い熱冷却性能といった他にない特性があるため、学術研究のみならず、半導体や光ファイバーなどの産業用途から医療用MRIまで幅広く利用されています。

 ヘリウムは日本国内の産出が無く、100%輸入に頼っている資源です。主な産出地は、米国、カタール、アルジェリアと限られており、米国土地管理局が保有するヘリウムの国外販売終了や、中東の情勢不安定により、日本国内へのヘリウム輸入量が大幅に減少しています。
 他方、世界的な半導体産業の競争や医療用MRIの利用拡大から、世界中でヘリウム需要が高まっています。
 これらの情勢から、国内でのヘリウム供給が逼迫し、学術機関への影響が出始めています。
 このような背景から、日本物理学会など6学会,2研究機関連絡会と39機関は、ヘリウムのリサイクルを目指す声明「ヘリウムリサイクル社会を目指して」を2019年12月20日15時に文部科学省 記者会見室にて発表いたしました。

声明「ヘリウムリサイクル社会を目指して
参加団体

解説資料
解説 参考文献
プレスリリース
記者会見プレゼンテーションスライド

履歴

お問い合わせ先
一般社団法人 日本物理学会 事務局
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22湯島アーバンビル5F
Email:jps-office@jps.or.jp  TEL:03-3816-6201  FAX:03-3816-6208