会友

日本物理学会は、社会で活躍される皆さまに物理学の最新の動きをお知らせし、その素晴らしさを共有していただきたく、会友制度を設けました。当初は、大学院生の正会員として在籍された方に、社会人となって退会される際に会友にご入会いただいていました。2021年4月より、その門戸を一般の皆さまに開放することにいたしました。最低限のマナーを守っていただくことを定めた、会友倫理規程を守っていただける方はどなたでもご入会いただけます。

 年会費3,000円で物理学会誌電子版の購読、会員・会友専用の講演等の動画視聴、オンライン物理講話への無料参加、年2回の大会への特別価格による参加(聴講のみ)など、多くの特典を用意しており、更にニュースレターなどを充実させて参ります。会友間、会友-会員の意見交換の場なども検討中です。

 物理学を愛好される皆様には、ぜひこの機会に会友となり、物理学会の活動をお支えいただきますよう、お願いいたします。


※会友にご加入いただくには、下記の日本物理学会 会友倫理規定を遵守することを条件といたします。

※倫理規定の4.にもあります通り、会友になられても、そのご発言やご発表、その他のご活動に対して日本物理学会は何らの保障等をするものではないことはご留意ください。

日本物理学会 会友倫理規程

日本物理学会は、物理学に関心を持ち、その研究成果を楽しみ、活動を応援してくださる方々が増加することを願い、「会友制度」を設けました。会友の皆様には、この制度を気持ち良く活用していただけるよう、下記の注意事項を遵守いただきますよう、お願い申し上げます。

1.機密事項の厳守:会友になることで知り得た機密事項(パスワード、特定URL など)を他に漏らさないでください。

2. コンテンツの利用規則の順守:学会が提供する各種のコンテンツ(記事、動画、ライブコンテンツ、等)については、会友の個人的閲覧・視聴以外の利用は原則禁止といたします。また、コンテンツによっては、録画録音の禁止など個別の利用規則を明示する場合があり、その際にはこれを順守してください。

3. 情報交換の場の利用規則の順守:会員に質問したり、会友間で情報交換したりする場を設けた場合、その利用に際しては、例えば物理学や学会活動に直接関係のない情報開示の禁止等、規則を設けますので、これを順守してください。

4. 会友であることを提示して会友個人の意見を表明する場合は、物理学会の見解とは関係ない個人の見解であることを明確にしてください。