楽しい物理実験室(物理教育委員会)

2019年度 自然の不思議―物理教室

2019年度物理教室
開催案内はこちら

(各講座の概要や、
お申込方法を掲載しております)

「自然の不思議-物理教室」は、様々な実験を通して楽しみながら物理現象を学ぶことができる、小学生高学年・中学生向けの体験型実験教室です。
毎回、専門の講師を招き、物理現象や実験を丁寧に解説いただきます。
国立科学博物館(東京・上野)の実験室にて、年に複数回開催しています。








2019年度の開催日程・講座名は次のとおりです。(各回定員20名)

第1回 6月9日(日) 「船の汽笛の音がする「ゴム手袋ホーン」をつくろう!」
第2回 6月22日(土) 「見守っている羊、かくれんぼする子どもなど不思議な錯視」
第3回 7月6日(土) 「ダイオードで遊んでみよう」
第4回 7月20日(土) 「天文に関するお話(仮)」
第5回 8月3日(土) 「下敷きスピーカーの製作」
第6回 8月18日(日) 「磁性流体を作ってみよう」

ご参加ご希望の方は、国立科学博物館のWEBページ内イベントカレンダーをご覧ください。
※イベントカレンダー上で、物理教室が開催される日程をクリックされますと、物理教室の詳細情報・お申込方法がご覧いただけます。
お問合せ先:国立科学博物館 学習企画・調整課 TEL:03-5814-9888


教室の様子


第1回 6月9日(日)「船の汽笛の音がする「ゴム手袋ホーン」をつくろう!」

車田 浩道先生(私立三浦学苑高等学校)

船の汽笛は「ボー!」という低く大きな音ですね。 丈夫な紙筒とゴム手袋、それに息を吹き込むためのストローなどを組み合わせて、汽笛を発生するホーンを作りました。 上手くホーンが作れたら、ゴム手袋の押さえ方を変えてみたり、紙筒の長さを変えてみたり、紙筒の太さを変えてみたり、ゴム手袋の硬さを変えてみたり、様々の「条件」を変えてホーンを作り、音がどう変わりそうかを予想してから実際に音を出してみました。
今回は小学生・中学生に混じって「大人」の参加者も多かったのですが、大人でも結果の予想が難しい実験もあり、「実験条件の変え方」、「予想することの重要さ」、「実際に実験することの重要さ」などを学びました。

実験の様子1 実験の様子2

実験の様子3 実験の様子4

実験の様子5