科学セミナー・公開講座・楽しい物理実験室

日本物理学会 2020年度公開講座

「光を操る。光で操る。」

内容:
16・17世紀に発明された顕微鏡や望遠鏡は人類に新しい世界を示し、科学の発展の原動力となり、さらにその利用は生物学・医学や天文学・測量学などのさまざな分野の発展を支えました。20世紀最大の発明のひとつであるレーザーは、現在、精密計測、情報・エネルギー伝達、加工などの広い科学・技術分野を牽引し、大きな役割を担っています。2018年ノーベル物理学賞の対象はレーザー技術に関連した発明であり、1つは高強度のパルスレーザー光の発生技術、もう1つはレーザーを利用した光ピンセット技術でした。本講座では「光を操る。光で操る。」をテーマに選び、光を制御する方法とその制御された光を利用する方法について、物理学が大きな貢献をするレーザー科学の最先端で活躍されている3名の研究者の方にお話を伺います。

日 時:2020年11月21日(土)13:00~16:30
場 所:オンライン(zoomウェビナー)
参加費:無料(要事前申込)
定員:1,000名


プログラム

13:00~13:05 Zoomの操作方法説明
13:05~13:15

開会挨拶

永江 知文
(日本物理学会 会長)

13:15~14:15 光科学の新たな地平を拓く 緑川 克美
(理化学研究所 光量子工学研究センター センター長)
14:15~14:20        休 憩
14:20~15:20 光で物質を捩じれるか? 尾松 孝茂
(千葉大学大学院融合科学研究科 教授/分子キラリティ研究センターセンター長)
15:20~15:25        休 憩
15:25~16:25 光パルスを操り生体分子を見る 小関 泰之
(東京大学大学院工学研究科 准教授)
 
16:25~16:30 閉会挨拶 田島 節子
(日本物理学会 副会長)

(各講演時間は10分間の質疑応答を含んでいます)

申込方法 参加申込 受付中!
こちらのフォームから必要事項を入力の上、送信ください。
フォーム送信後、すぐに受付番号を記載したメールを自動返信します。

※フォームが利用できない場合は次の7つの事項をメールで公開講座担当へお送りください。
1.氏名(漢字)、2.氏名(ふりがな)、3.年齢(年代)、
4.居住地(市区町村名)、5.所属、6.連絡先メールアドレス、
7.本講座をお知りになったきっかけ
メール確認後、本会でフォームへ入力いたします(メールでの受付は数日を要しますので、ご了承ください)。

※フォームが正常に表示・入力できない場合、別ブラウザ(Google Chrome等)で再度アクセスください。
※申込フォームにていただいた個人情報は、本講座に関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。
問い合わせ先 日本物理学会事務局 公開講座担当
電子メール:kouza-at-jps.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい。)
電話:03-3816-6201 FAX:03-3816-6208
主催 日本物理学会
世話人 物理教育委員会
鈴木 勝(電気通信大学) 内山智香子(山梨大学)
門 信一郎(京都大学) 中村 琢(岐阜大学)
協力 アカデミスト株式会社
後援(予定) 日本物理教育学会、東京都教育委員会、千葉県教育委員会、
埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、茨城県教育委員会