• HOME
  • 物理学へようこそ
  • 科学セミナー・公開講座・自然の不思議-物理教室
  • 2013年度日本物理学会科学セミナーのお知らせ

科学セミナー・公開講座・自然の不思議-物理教室

2013年度日本物理学会科学セミナーのお知らせ

「宇宙における物質の起源と進化」
日時:2013年8月22日(木)、23日(金)
場所:東京大学本郷キャンパス小柴ホール
 (地図)


2013年度の科学セミナーは終了いたしました。
多数のご来場ありがとうございました。

講師の講演に熱心に耳を傾ける受講者
<講師の講演に熱心に耳を傾ける受講者>

この宇宙に満ち、地球や生物を形作っている「物質」は、どのように生まれ、どう変化して現在の姿になったのでしょうか。この問いに答えることは、物理学の究極の目的の一つです。素粒子物理学、原子核物理学、宇宙物理学、天体物理学のなどの最新の研究から、この答えが明らかになりつつあります。宇宙の開闢直後に素粒子が誕生し、素粒子クォークから陽子が生まれ、電子と結びついて水素原子、水素分子となり、水素ガスが生まれます。これが重力で集まって星となり、その中でさまざまな原子核が合成されます。ウランのような重い元素は、星の超新星爆発によって作られたと予想されています。これらが宇宙空間にばらまかれ、さまざまな分子ができ、惑星や生物も作られたのでしょう。一方、宇宙には正体不明の暗黒物質が大量に存在し、また中性子星の中には極めて不思議な物質が存在するようです。宇宙の誕生・進化と歩調を合わせて物質が誕生し進化する過程が、どこまで解明され何がいまだに謎なのかを、各分野を代表する講師陣によってお伝えします。

             

「宇宙における物質の起源と進化」 プログラム
※タイトルが青字の講演はyoutubeで動画公開しております。講演名をクリックするとご覧いただけます。
8月22日(木)
10:00-10:10

10:10-11:10
11:10-12:10
はじめに

宇宙と物質の歴史を遡る
質量の起源を知る-ヒッグス粒子発見のインパクト-
日本物理学会会長 斯波弘行
杉山直 (名大理)
徳宿克夫 (KEK素核研)
12:10-13:10        昼休み
13:10-14:10
14:10-15:10
反物質はどこへ-素粒子実験が挑む物質優勢宇宙の謎-
クォークのスープから原子核が作られる不思議
市川温子 (京大理)
平野哲文 (上智大)
15:10-15:30        休 憩
15:30-16:30 元素合成の謎-超新星爆発がウランを生み出したのか?- 櫻井博儀(理研・東大理)
8月23日(金)
10:00-11:00
11:00-12:00
原子・分子の誕生と星間物質
太陽系と惑星の形成
坂井南美 (東大理)
小久保英一郎(国立天文台)
12:00-13:10        昼休み
13:10-14:10
14:10-15:10
宇宙の生体物質-生命の起源を求めて-
中性子星の奇妙な物質-X線・重力波観測と加速器実験で探る-
大石雅寿 (国立天文台)
田村裕和 (東北大理)
15:10-15:30        休 憩
15:30-16:30

16:30-16:40
ダークマターの正体を暴く-高エネルギー宇宙線と地下実験の最先端-
おわりに
伊藤好孝 (名大太陽地球環境研)
日本物理学会理事 田村裕和
(各講演時間は10分間の質疑応答を含んでいます)

詳細
参加費 無料.
定 員 160名.先着順とし,定員に達し次第,締め切ります.
対 象 大学生,教員の方,一般の方々.
申込方法 (1)電子メールの場合
  氏名(フリガナ),年齢,ご所属先(勤務先・学校名・学年),連絡先電話番号,
  物理学会会員かどうか,本セミナーを何で知ったかを明記
   送付アドレス: seminar-at-jps.or.jp(-at- を @ に置き換えて下さい。)
   件名  : 科学セミナー参加申し込み

 (2)郵送・FAXの場合
   申込書(PDF)に必要事項をご記入の上,下記宛お申込み下さい.
    〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル8F
          一般社団法人 日本物理学会 科学セミナー係
     FAX:03-3816-6208
 

事前に参加申し込みをされた方には,参加番号ををご連絡します。
会場受付で参加番号とお名前をお申し出ください。

問い合わせ先: email: seminar-at-jps.or.jp(-at- を @ に置き換えて下さい。),
電話:03-3816-6201   FAX:03-3816-6208