学会概要

日本物理学会(学会)は広く国内外の物理学の研究者・教育者・技術者約18,000名を擁する組織で、会員の研究成果を内外に発 表し、また会員の研究上の便宜をはかることを目的として、さまざまな活動を行っています。2008年現在で会員の約45%が大学、15%が民間企業、 12%が公的研究機関に所属しており、大学院生を含む学生の割合は約14%です。

発足は1877 年で、数学を含む「東京数学会社」として、自然科学の学会では日本で最初に生まれました。ドイツ物理学会は1845年、アメリカ物理学会は1899年創設 ですから、その先見性は誇るべきものです。数物学会誌をVol.4(1888-1891)で欧文論文誌化したように、発足当初から世界を見据えた学術研究 と我が国の学問、科学の発展を通じて、近代日本の成立に大きな寄与をしました。戦後、数物学会を解散し、1946年に日本物理学会を設立し、新しいスタートを切りました。戦前も制限された条件の中で、世界をリードする研究を続けた結果、戦後の復興期に湯川・朝永のノーベル賞受賞によって国民の中に理科ブームを生み出し、我が国がその後発展する礎を築くにあたり、日本物理学会が果たした役割には大きなものがあります。