科学セミナー・公開講座・楽しい物理実験室

日本物理学会 2017 年度公開講座

「物理で探る生物の謎」

内容:  「物理学会」で「生物の謎」というと、少々ミスマッチな印象を感じるでしょうか。でも私たちの体内では、数多くのタンパク質がクーロン力をはじめ様々な力を及ぼし合っていて、そのおかげで生命活動を営むことが可能なのです。タンパク質の挙動、脳神経、生物の形や模様などは、まさに物理学、数理モデル、コンピュータシミュレーションが得意とし、かつ将来ますます発展していくであろう研究分野です。30年後のノーベル賞を目指して、ぜひこの未踏分野の物理学公開講座を聞きにきませんか?

期日: 2017年11月4日(土)13:00~16:45
会場: 東京大学本郷キャンパス 伊藤謝恩ホール(赤門の右隣)
          (地図)
交通: 本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線)から徒歩6分
           本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線)から徒歩8分
           湯島駅または根津駅(地下鉄千代田線)から徒歩15分
対象: 高校生、大学生、(小学校・中学校・高等学校等の)理科教員、一般
参加費: 無料(要事前申込。申込方法は下記をご覧ください。)
定員: 350名(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)


プログラム  

13:00~13:10 開会挨拶 川村 光
(日本物理学会 会長)
13:10~14:10 「分子動力学シミュレーションで探るタンパク質の形と動き」

奥村久士
(分子科学研究所理論・計算分子科学研究領域 准教授)

14:10~14:25        休 憩
14:25~15:25 「ニューロンの電気的特性」 宮川博義
(東京薬科大学生命科学部 
名誉教授)
15:25~15:40        休 憩
15:40~16:40 「生物の模様ができるしくみ」 近藤 滋
(大阪大学大学院生命機能研究科 教授)
16:40~16:45 閉会挨拶 永江知文
(日本物理学会 副会長)
(各講演時間は10分間の質疑応答を含んでいます)


申込方法 【参加申込 受付中!】
こちらのフォームから必要事項を入力の上、送信ください。
なお、参加申込をされた方には、受付番号を記載した返信メールをお送りします。
(自動送信)

※一部ブラウザでフォームが正常に表示・入力できない可能性があります。その場合はお手数ですが別ブラウザ(Google Chrome等)で再度アクセスくださいますようお願いいたします。
※フォームが利用できない場合は、1.氏名(漢字)、2.氏名(ふりがな)、3.年齢(年代)、4.所属、5.連絡先メールアドレス、6.今回の講座をお知りになったきっかけ、の6つの事項をメール等で公開講座担当へお送りください。メール等確認後、本会でフォームへ入力いたします(メール等の場合は受付に数日(土日を除く)を要しますので、ご了承ください)。
※申込フォームにていただいた個人情報は、本講座に関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。
問い合わせ先 日本物理学会事務局 公開講座担当
電子メール:kouza-at-jps.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい。)
電話:03-3816-6201 FAX:03-3816-6208
主催 日本物理学会
世話人 高須昌子(東京薬科大学) 溝川貴司​(早稲田大学)​ 門 信一郎(京都大学)​ 
中村 琢(岐阜大学)
後援
日本生物物理学会、日本物理教育学会、東京都教育委員会、千葉県教育委員会、
埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会