2017年10月アーカイブ

第72巻 第10号

cover-17-10.jpg■表紙の説明
原子核乾板多段シフターによって付与された時間情報を用いて再構成したニュートリノ反応事象.原子核乾板は荷電粒子の軌跡を三次元的に1 μm以下の空間分解能で記録でき,かつ大規模化が可能な強力な飛跡検出器であるが,一方で本来時間分解能を持たず,記録された飛跡は数ヶ月から年スケールの時間的な不定性を持つ.多段シフターの導入によって原子核乾板に秒以下の時間分解能が付与でき,時間情報も使った事象再構成が可能となる.図は加速器ニュートリノ実験に導入した多段シフターの照射データで,破線下端の実線部分は3 cm×3 cmの領域の実測飛跡,破線はニュートリノビーム上流側へ外挿した飛跡である.上から,蓄積期間83日以上の全飛跡,時間範囲36時間,時間範囲7.4秒の飛跡を抽出したもの.詳細は本号に掲載されている高橋覚氏,青木茂樹氏の「実験技術」記事を参照のこと.作図協力:山田恭平氏(兵庫県立姫路飾西高等学校)

■巻頭言
学会誌の3つの使い方  長谷川修司 ...... 697

■現代物理のキーワード
ニュートリノ振動におけるCP対称性の破れの探索とその意義
(Keyword: レプトンにおけるCP対称性の破れ)

伊部昌宏,市川温子 ...... 700

■解 説
テンソルネットワーク形式の進展と応用  西野友年,大久保 毅 ...... 702

■最近の研究から
光学と逆問題:光トモグラフィー  町田 学 ...... 712

2次元ガラスのダイナミクス―無限対数ゆらぎと固有緩和―
芝 隼人 ...... 717

LIGOで検出された重力波は原始ブラックホールから?
須山輝明,田中貴浩,横山修一郎 ...... 723

鎖状系のエネルギー分配と遅い緩和:Boltzmann-Jeans則
小西哲郎,柳田達雄 ...... 728

■実験技術
多段シフターによる時間軸をもつ原子核乾板検出器の開発
髙橋 覚,青木茂樹 ...... 734

■話 題
超伝導量子コンピュータの開発状況~アメリカ物理学会参加報告~
杉山太香典 ...... 743

■話題―身近な現象の物理―
統計物理の眼で見るサッカー  成塚拓真,山崎義弘 ...... 747

■JPSJの最近の注目論文から
6月の編集委員会より  上田和夫 ...... 752

■新著紹介 ...... 754
スパース性に基づく機械学習:中西(大野)義典
機械学習入門;ボルツマン機械学習から深層学習まで:安田宗樹

カテゴリ

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.3

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。